<東京古典楽器センター 1981年製作> エムシュモデル

エムシュとは18世紀中頃、パリのチェンバロ製作の最も傑出した名工の
ひとりです。
そのエムシュに基づいて東京古典楽器センター(ギタルラ社)が製作した
のが当モデルです。
外装は黒色に金色の縁取りがなされ、屋根をあけると鮮やかでありながら、
落ち着いた雰囲気の赤色が目にとびこんできます。
そして鍵盤にふれると奥行240pの充分な弦長と共鳴板からは伸びやかな
音色が響き渡ります。
61鍵、2段鍵盤、ピッチ可変(415/440)と現代の演奏にも充分対応できます。
試奏も可能ですので、興味のある方連絡お待ちしています。